アルガンオイルは顔にこそ使え!お勧めの使い方と使ってみた効果

アルガンオイルの顔への使い方と使ってみた感想

最近アルガンオイルを使うのにハマっているという話をすると、友達から「でもどうやって使うの?体に塗るの?」と聞かれることが多いです。

確かに普段アルガンオイルをスキンケアに取り入れていない人にとっては、どんな使い道があるのか?と疑問に思いますよね。

実はアルガンオイルって、かなり使い道が幅広いんです。体に塗ってもいいし、アロマとして使ってもいいし、ボディケアはもちろんなのですが・・(上記の使い道については、また改めて詳しく書きますね!)

何と言っても、私がオススメしたいのはフェイシャルケア!

アルガンオイルは顔に使うのが一番のオススメ使い道です。
今日はその理由や効果、そして私自身の体験談について書いていきますね。

では、なぜアルガンオイルは顔に使うべきなのでしょう。

顔につけたら油っぽくベタベタしそうで心配

という方もいらっしゃると思います。

ただ、実はアルガンオイルは肌質を選ばないかなり万能な保湿液!

アルガンオイルの油分は、水と油の両方によくなじむ性質を持ち、肌への水分の浸透を促す効果が抜群です。

そしてそれ以上に驚きなのが、アルガンオイルは実は肌の脂質と同じ構造で出来た油なんです!もちろん自然由来の成分で低刺激なんですが、そういう自然で出来たオイルの中でもアルガンオイルは人の肌との相性が抜群。

自分の脂質と同じ構造で出来ているからこそ、乾燥肌・脂性肌・混合肌など、あらゆる肌質に効果を発揮し、本来の健康な肌に導く力を持っています。

アルガンオイルの顔への使い方

まずはオーソドックスな使い方から初めてみてください。

いつもどおり丁寧に洗顔をした後(ぬるま湯で優しく洗ってくださいね!)、アルガンオイルを100円玉大に手にとって、顔にくるくるとゆっくり馴染ませるようにつけてください。同時にマッサージしてあげると、血色も良くなって2倍効果!
 
アルガンオイルを塗った後に、化粧水や乳液など、通常のフェイスケアを行なってください。

ポイントは洗顔後、出来るだけ早くオイルを塗ること!

特にお風呂あがりなどは、毛穴も開いているので、どんどんと肌が乾燥していきます。髪の毛を乾かす前に、アルガンオイルをひと塗りしてあげてください。美容はスピードが勝負です。

いきなり顔は不安…ちょっと試したい人のための使い方

顔の肌質が敏感な人も多いと思います。
そういう人は新しいフェイシャルケアをいきなり始めるのは怖かったりしますよね。

そんな人はいつも通りのフェイシャルケア(化粧水や美容液)にアルガンオイルを数滴混ぜて使用してみてください。自分の肌との相性を確かめるだけでなく、保湿効果の差を感じるはずです。

私は、最初に化粧水に混ぜて使ったところ、翌日化粧ノリが良くなっていて驚きました。

いきなり、アルガンオイルだけを塗るのが怖い人は、いつものケアにちょっとプラスするだけで、手軽にお試ししてみましょう。

アルガンはクレンジング・メイク落としとしても活躍!

アルガンオイルの私のお気に入りのところというと、本当に使い道が幅広いところ。

先ほどは洗顔した後に使用する方法を書きましたが、実は洗顔する際にもアルガンオイルは使えちゃうんです。

普段使っているクレンジングオイルの代わりにアルガンオイルを使ってみてください。ものすごく濃いメイクや強めのマスカラをされている方はオススメしないかもしれませんが、ある程度のメイクはほぼアルガンオイルできちんと落とせます。

自然由来のオイルでメイクを落とすと、不思議と肌もいつもより保湿されていると感じるはずです。
お仕事でお疲れの時もあると思いますが、ふき取りタイプのメイク落としをして、保湿もせずにベッドにダイブ!というのは、肌には大打撃です>< 

メイクの落とし方についても、ちゃんと肌を労ってあげることができると、疲れ肌を防ぐことができますよ♪

フェイシャルマッサージの必需品!

また、普段顔のマッサージをされる方も多くいらっしゃると思います。

私はよく、あご周りやこめかみ周りが詰まった感じがするときに、くるくると指で押す形で顔のマッサージをしています。やっぱりマッサージをすると、少しすっきりとして、むくみ感が抜けるんですよね。

ただ、ちょっと待って!
フェイシャルマッサージをする際は、極力オイルや化粧水などを塗りながら行なった方がいいんです。

マッサージといっても、肌には摩擦。何も塗っていない乾燥した肌を直接摩擦してしまうと、場合によっては、肌荒れの原因にも。

そこで、またまた万能薬として登場するのがアルガンオイルです。

オイルを手にとって、顔に塗ってからマッサージしてみてください。アルガンオイルが肌に浸透していく感覚がやみつきになりますし、終わったあとの顔色の良さに嬉しくなるはずです。

オイルがある方が、いつもよりマッサージも気持ちよくて、私は癖になって週に何度かは自然とやっています。最後はデコルテまでゆっくりと流してあげると、顔に溜まった老廃物も流せて気持ちも肌もすっきりですよ!

寝る前にオススメ!アルガンオイルパック

最後に、私の一番大好きなアルガンオイルでのフェイシャルケアの方法について。

クレンジングとして、洗顔後、マッサージの際に、など顔だけでも様々な使い道があるアルガンオイルですが、特に私が使った後に効果に驚いたのが「オイルパック」!

洗顔し、たっぷりのアルガンオイルで顔をマッサージした後に、オイルをそのままの状態で顔にホットタオルをのせます。(熱々過ぎはダメですよ。顔に乗せて気持ちいいーと感じるくらいの温度で)

顔がじわーっと温まっていく感覚がたまりません。
お風呂あがりにやると、本当に顔つやが明るくなって、リラックス効果も高いのでそのままぐっすり眠れます。

顔によくできがちなちりめんじわにも、効果抜群ですよ。

このように、タオルで温めることでアルガンオイルをより肌に浸透させることができるのです。さながら「オイルパック」ですね。

タオルを取った後は、いつも通りの化粧水や乳液などのケアを行なってあげてください。

毎日暖かいタオルを用意するのは大変かもしれませんが、週に1度や大切な日に前に、スペシャルケアとして行ってみてください。効果は保証しますし、何より最高に気持ちがいいので、一度はぜひ体験してみてほしいです。

【まとめ】アルガンオイルを顔に使う方法と効果

以上、アルガンオイルの顔への使い方とその効果についてまとめるとこんな感じにになります↓

オーソドックスな使い方
⇒洗顔後にアルガンオイルを100円玉大に手にとって顔に馴染ませ、通常のフェイスケアする

顔の肌質が敏感な人向け
⇒フェイシャルケア(化粧水や美容液)に数滴混ぜてのお試しが◎

アルガンオイルはクレンジングオイルの代わりにも使える(保湿効果アリ)

顔にアルガンオイルを塗ってからのフェイシャルマッサージはやみつきに!

お風呂上りの「アルガンオイルパック」は最高のリラックス効果でぐっすり眠れます♪

最後まで読んで頂き有難うございました♪