オリーブマルシェスタッフによるオリーブオイルコラム

オリーブマルシェ > オリーブマルシェのコラム一覧 > オリーブオイルを熟知したプロフェッショナル!オリーブオイルのソムリエとは?

オリーブオイルを熟知したプロフェッショナル!オリーブオイルのソムリエとは?

オリーブオイル写真

出典:http://profile.ne.jp/w/g-2787/

「ソムリエ」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。
多くの方はワイン、それに続き野菜、日本酒、温泉など。
最近では、だしソムリエや味噌ソムリエ、星のソムリエなんて言葉も耳にするようになりました。

星空案内人資格

出典:http://ep3.way-nifty.com/holiday/2007/12/post_f63d.html

ソムリエという言葉自体は、ワインの給仕人を指すそうですが、

ソムリエ(仏: sommelier[† 1][† 2][† 3]、女性単数形:sommelière[† 4])は、レストランで客の要望に応えてワインを選ぶ手助けをする、ワイン専門の給仕人。 ソムリエの発祥時期は明確には分かっていない。中世ヨーロッパにおいて、王の飲食物管理や毒味役を担った食事係(officier de bouche)が管理していた荷車(仏: sommier)が語源であると考えられる。12世紀のイタリアで著された医学書『サレルノ養生訓』では、良いワインの選び方やワインと健康についての考察がなされている。 19世紀のパリのレストランにおいて、ワインを専門に担当する現代のソムリエに近い役割が出現しはじめた。この当時、レストランのカーブ(地下貯蔵庫)にあるワイン樽から瓶詰めを行うこともソムリエの大切な仕事であった。 1907年には、現在のフランス・ソムリエ協会の前身であるパリ・ソムリエ組合(Union des Sommeliers de Paris)が誕生した。この組合には800名程度の組合員が存在したが、第二次世界大戦による組合員の戦死により200人にまで減少した。また、シャトー(醸造元)から瓶詰めワインが直送されるようになり、ソムリエの重要な仕事であったカーブでの瓶詰め作業が不要になるなど、ソムリエという職能自体が危機に瀕した。このため、ソムリエの重要性を世間に知らせようとして、1969年にパリ・ソムリエ協会(フランス・ソムリエ協会)が結成された。またその後、国際ソムリエ協会も設立され、ソムリエの育成やワインの知識伝達に勤めている[1][2][3]。

出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/ソムリエ

最近では「その道のプロフェッショナル」といったニュアンスで広く使われています。

ワインや野菜にプロフェッショナルであるソムリエがいるように、オリーブオイルにも、プロフェッショナルが存在するのはご存知でしょうか。

オリーブオイルのソムリエ資格、どうやって取るの??

ソムリエになるには、その資格を認定する団体もしくは協会が存在します。
ワインの場合、日本では一般社団法人日本ソムリエ協会が、野菜ソムリエは日本野菜ソムリエ協会がソムリエ資格を認定しています。
ちなみに野菜ソムリエは、日本が世界唯一の資格だそうです。

ソムリエ女性

出典:https://i-yasai.com/sommelier/toha.html

オリーブオイルのソムリエ資格は、一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会®が認定しています。

日本オリーブオイルソムリエ協会®は、日本最大のオリーブオイルの専門機関です。世界でも唯一となる消費者・ユーザーの立場に立った教育、専門研究・啓蒙普及活動を行っています。「オリーブオイルソムリエ®」は当協会が保有する登録商標、世界で「オリーブオイルソムリエ®」を公式に養成、認定使用できるのは当協会だけです。(同様の資格呼称で検定や講座案内を行う業者があっても当協会とは一切関係がありません)

出典 http://www.oliveoil.or.jp

一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会®が主催する講座を受講すると、オリーブオイルのソムリエ資格を取得できます(一部試験があります)。

ソムリエ資格

出典:http://pasoroblesolivefestival.com/olive-oil-competition/

◆ジュニアソムリエコース◆ オリーブオイルの基本を学ぶ「基礎コース」。オリーブオイルソムリエ®資格取得のための前半コースともなります。オリーブオイルを知りたい一般の方の導入コースとして、あるいは企業研修にも最適です。「基礎コース」ですが、専門家として知っておくべき事項の概要はすべてカバーしています。 コースは2時間講座全6回の合計12時間。 東京本部教室では毎月2回程度新規開講するほか、年に数回程度、福岡、小豆島、大阪(関西)、名古屋、札幌等でも地方開講を行っています。

出典 http://www.oliveoil.or.jp/courses

2日間、計12時間の受講で認定証がもらえます。
「ジュニア」と侮るなかれ、オリーブオイルの基礎知識から本格的なテイスティングまで学べます!

テイスティング

出典:http://pasoroblesolivefestival.com/olive-oil-competition/

◆ソムリエコース◆ ジュニアソムリエコースを修了した方のためのオリーブオイルソムリエ®資格取得コースです。 オリーブとオリーブオイルに関する、より専門的な知識を習得することができますし、そのテキストは日本語で書かれたもっとも詳しいオリーブ事典ともなります。 コースは2時間講座全10回の合計20時間。年に4〜5回開講しています。なおソムリエコースは、原則として東京本部校のみですが、年に1〜2回程度、福岡や小豆島での地方開講を行うことがあります。

出典 http://www.oliveoil.or.jp/courses

ジュニアソムリエよりさらにオリーブオイルを極めたい!という方へ、是非ともオススメする講座です。
より専門的な知識と実践的な技術を習得できます。
全ての講座を受講した後に行われる認定試験に合格すると、資格認定証とソムリエバッジがもらえます!

ソムリエコース

出典:http://www.oliveoilmarket.eu/los-angeles-international-competition-results/

◆ソムリエマスターコース◆ オリーブオイルソムリエ®資格取得者のための最上級コースです。オリーブオイルの専門家としては最高峰の資格にふさわしく、最新の品質管理基準や生産方法、マーケティング理論などの高度な専門的知識を習得できるほか、海外の熟練したテイスターによるテイスティング技術指導など幅広いプログラムが組まれています。 コースは全4日間、講義10回、テイスティング実技指導10回の合計約30時間です。年1回東京のみの限定開講です。

出典 http://www.oliveoil.or.jp/courses

ソムリエコース修了後、
「まだまだこんなんじゃ物足りない!」
「とことんオリーブオイルについて知りたい!」
と思われる方は、ソムリエ資格の最上級、ソムリエマスターコースの受講を!
オリーブオイルの専門家と看板を掲げられるレベルまで、栽培・搾油技術など、必要不可欠な知識や技術を色濃く学ぶことができます。
更新制の資格なので大変ですが、自分の腕を磨き続けられることと新たなオリーブオイルに出会える楽しみを味わえます♪

「オリーブオイルについて学びたい!でも資格までは・・」

困る猫

出典:http://kabegami.org/blog/2013/02/25/次の一手に悩む/

オリーブオイルの基礎知識や楽しみ方を学びたい方向けの、「オリーブオイル入門講座」もあります。

オリーブオイルを学ぶのは初めて、という方向けの入門講座! 体に良いオイルは?保存方法は?加熱してはだめ?などなど…、ベーシックな疑問に答える1時間の入門講座です。オリーブオイルの基礎知識や楽しみ方を学べる5つのテーマをご用意。お好きなテーマを選んで、楽しく学びましょう。気になるテーマからスタートして、続けて受講できるように設計してあります。

出典 http://www.oliveoil.or.jp/courses

5つのテーマ:(毎月テーマ別に開講)
【入門what】
【入門beauty】
【入門healthy】
【入門tasty】
【入門cook】

出典 http://www.oliveoil.or.jp/courses/tasting

5つのテーマから、自分の興味のあるものを選んで受講できます。
はたまたテーマすべて制覇もあり!
受講料もリーズナブルで連続して受ける必要もなく、気軽にオリーブオイルについて学べる講座です。

オリーブオイル好きの方は、是非ソムリエを目指して!

オリーブの実

出典:http://www.himalayanolive.com

オリーブオイルについて、自分の知りたいことを楽しみながら学びたい方、栽培方法から搾油、瓶詰め、テイスティングに至るまでオリーブオイルを極めたい!と思う方まで、一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会®ではオリーブオイルが好きな方の知識や技術を深める講座が充実しています。

オリーブオイルが好きな方、趣味で終わらせるのは勿体ない!
専門的な知識や技術を習得して、これまでとは違った新たな極上の一本と出会いましょう☆

オリーブマルシェ > オリーブマルシェのコラム一覧 > オリーブオイルソムリエ資格