オリーブマルシェスタッフによるオリーブオイルコラム

オリーブマルシェ > オリーブマルシェのコラム一覧 > 大木 淳夫氏 × オーガスト・ハーゲスハイマー先生対談

55歳!? 若さの秘訣はオリーブオイル!

オーガスト先生インタビュー

“オリーブオイルが健康に良い”ということは皆さんもよくご存知だと思います。
では一体どういう風に食べればいいのか?オリーブオイルの何が健康に良いのか?
今回はオリーブオイルの効能についてよりわかりやすく、深く理解していただくために
ぴあ「東京最高のレストラン」編集長 大木淳夫さん栄養科学博士であり、アンチエイジング・スペシャリストでもある
オーガスト・ハーゲスハイマーさん
の対談を企画致しました。
オーガスト先生が55歳であの若さを保てる秘訣は一体なんなのでしょう?

インタヴュアーはお馴染み「東京最高のレストラン」編集長 大木淳夫氏

ぴあ「東京最高のレストラン」編集長 大木淳夫(オオキ・アツオ)

“1965年、東京生まれ。1989年ぴあ入社。
高校時代から憧れていた田中康夫氏に3年間ラブコールを送り続け生まれた「いまどき真っ当な料理店」は、気が付けばグルメ評論の古典的バイブルに。
その後、完全投票制の雑誌「ランキン’グルメ」の創刊&廃刊編集長を経て、2000年に「東京最高のレストラン」を創刊。
現在ぴあグルメMOOK統括編集長兼ぴあプレミアム編集長。 ”

ぴあ「東京最高のレストラン」編集長 大木淳夫

出典:http://piabook.com/shop/g/g9784835628622/


では対談スタートです!

大木 淳夫氏

オーガストさん、こんにちは。オーガストさんは最近も とある雑誌のオイル特集で美容芸人シルクさんと対談されてましたよね!
今回はオリーブオイルの健康面について質問させていただこうと思います。
宜しくお願いします。

オーガスト・ハーゲスハイマー 先生

宜しくお願いします。

大木 淳夫氏

さっそくですが、医学的に見て、オリーブオイルは本当に体に良いといえるのですか?

オーガスト・ハーゲスハイマー 先生

オリーブオイルには、医学的に証明されている体に良い効果がいくつもあります。
オリーブオイルには何種類かのオリーブオイル特有のポリフェノールが含まれているのですが、
その中でも、「オレオカンタール」という成分は、高い抗炎症効果が証明されています。

オリーブオイルを口にしたとき、ピリッとくる味を感じることはありませんか?
あれがオレオカンタールです。のどの痛みや関節の痛みなど、体内のいろいろな炎症を抑えるとともに、
乳がん、前立腺がんの予防にもなるという論文もあります。
「オレウロペイン」というポリフェノールは、悪玉コレステロールの酸化を予防し、
「ヒドロキシチロソール」は、抗炎症効果のほか、心臓や脳の病気の予防になると証明されています。
こういった効果は、火にかけていないオリーブオイルを1日20ml摂取することで得られると言われているんです。


オーガスト・ハーゲスハイマーさんインタビュー01

大木 淳夫氏

なるほど1日20mlですか!しかし実際のところ油を積極的に摂ることに抵抗がある人も多いと思うのですが・・・

オーガスト・ハーゲスハイマー 先生

人の体を造っているすべての細胞の膜には脂肪酸があります。
油が無いと良い細胞膜を造れません。つまり、いい細胞を作るためには油が必要ということです。
脳も、60%は飽和脂肪酸でできています。油は少なく摂るものではなく多く摂るもの。
健康にダメージを与える油でなく、きちんとした油、つまり酸化に強い油を摂ることが大切なんです。

オリーブオイルには、ほかの油より多く一価不飽和脂肪酸が含まれていて、これは酸化しにくい油の特徴です。

大木 淳夫氏

なるほど、人間の体にとって油は必要不可欠ということですね。
オリーブオイルが酸化に強い油ということがわかったので、これは健康のためにも積極的に摂っていきたいですね。
オーガストさん、オリーブオイルの効果的な摂取方法はありますか?

オーガスト・ハーゲスハイマー 先生

まず、生で(火を通さずに)食べることが原則です。
普段、マヨネーズや市販のドレッシングを使っている人は、まずそれをオリーブオイルに替えてみてください。
それだけで体の調子が変わるはずです。
また、油溶性であるビタミンA,D,E,Kは、オリーブオイルと一緒にとると吸収率が高まります。
お勧めの食べ方は、ビタミンEやKが含まれる納豆に混ぜること。

是非、「納豆にオリーブオイル?」なんて思わずにやってみてください。
案外抵抗なく食べられます。大きな味の括りでいえば、
エレガントな味のオリーブオイルはお醤油との相性もいいので、和食にあいます。
味の強いものは、鶏肉などにかけて食べるのがお勧めです。
オリーブオイルの瓶をあけたら、なるべく早く食べた方が、味もいいですし、酸化も防げます。
購入するときは、少々割高でも小さな瓶で買うことをお勧めします。


オーガスト・ハーゲスハイマーさんインタビュー01

大木 淳夫氏

ちなみにオーガストさんはどんなオリーブオイルを使っていますか?

オーガスト・ハーゲスハイマー 先生

オリーブオイルが素晴らしいのは、人類が長い間食べ続けているという点です。
歴史があるということは、安全な食材であるということ。実際、オリーブオイルは世界のいろいろなところで作られていますね。
日本ではイタリアのもの(イタリアのオリーブオイル)を見かけることが多いと思いますが、私は発祥の地であるレバノンのものなんかも使います。
レバノンもそうなのですが、土が乾いて、一見、植物を育てるところに向いていなさそうな土地で長く作られているものが、
私が一番に選ぶオリーブオイルです。土の中から色々なミネラルを取り込んでいます。
このように環境やオリーブの品種によって、出来上がるオリーブオイルも様々で、とても個性があります。

“オリーブマルシェスタッフの感想”

オリーブオイルが酸化を防ぐという点は美容でも注目されていますが、抗炎症効果もあり脳や心筋梗塞といった心臓の病気の予防にも繋がるいうことは知りませんでした。
対談の中でもでてきましたが、「オリーブオイルに納豆」という組み合わせは驚きました。
オイルと聞くと納豆もこってりと濃くなり食べにくくなるのでは・・・という不安がありましたが、試してみると凄く不思議!
濃くなるどころかマイルドさが増し納豆がサラッと食べれるようになりました。
オリーブオイルに少し醤油を加えることで爽やかさが増しますので納豆の臭みが気にならず、苦手な方にもオススメの食べ方です。

オリーブマルシェ 龍見

オリーブマルシェ > オリーブマルシェのコラム一覧 > 大木 淳夫氏 × オーガスト・ハーゲスハイマー 氏対談