アルガンオイルは保存の仕方に注意!長持ちのコツと使用期限

アルガンオイルをスキンケアに取り入れている方ならば、気になる使用期限。
酸化防止剤などが入っている化粧水を使うより、自然由来のアルガンオイルを使っていたいけど
だからこそ、酸化しないか心配。という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今日は、
・アルガンオイルの仕様期限
・長持ちさせるための保存方法

を見ていきましょう!

アルガンオイルの使用期限とは?

まず結論からいうと、アルガンオイルは自然由来の美容オイルの中でも、かなり酸化しづらいオイルです。
そのため、すぐに酸化して悪い状態で使ってしまうということは、あまり心配しすぎなくても大丈夫です。

アルガンオイルの使用期限

  • 未開封の状態 : 2年
  • 開封してから : 3ヶ月目安で使い切ることを推奨

上記の使用期限を守るのが一番いいでしょう。
それでも、もちろん早めに使い切った方が鮮度は高く、その分高い美容効果も期待できます。

また、この使用期限は正しい保存方法を守っていることが前提になります。
より良い状態で保存するための方法を次は見ていきましょう。

アルガンオイルを長持ちさせる保存方法とは

アルガンオイルを長持ちさせるためには、次の4点に注意するといいでしょう。

1. 温度

アルガンオイルは、低音での管理の方が長持ちします。
最適な温度は、6〜20℃ほどなので、夏場は置き場所に注意するといいでしょう。

20℃以上の状態だとアルガンオイルも酸化が進みやすくなると言われています。

また、寒い状態でアルガンオイルを保存しているとアルガンオイルの中に白い塊のようなものができると思います。
一見、アルガンオイルが悪くなってしまったように見えるので、心配になる人も多いと思いますが
それは温度変化で、油脂成分が一部凝固してしまっただけなので、ご安心ください。

再度、油脂成分が溶ける温度の場所に置くとすぐに戻ります。
品質にも問題はありません。

2. 日当たり

温度と同様、アルガンオイルは光にも注意が必要です。
直射日光が当たり続けると、酸化が進んでしまう恐れがあります。

一番良いのは、販売時点から「遮光ボトル」に入っている商品を選ぶことですね。
もちろん買った後にご自身でボトルを移し替えるのも◎。

3. 湿度

特に、これは注意が必要ですね。

アルガンオイルは湿度にも弱いことで知られています。
多くの方が、お風呂あがりにアルガンオイルを使用されていると思うのですが、
湿度が高い場所に置いたままにすると劣化が早いとされています。

お風呂の中に置くなどはやめて、脱衣所だとしても、湿度が上がりづらい場所を選んで置くことをお勧めします。

4. 水や化粧品が混入

最後に、意外と気をつけないとありがちなのは、
使った際に水分や化粧水が混じってしまうことです。

他の物質が混ざることが、今まのポイントの中でも一番劣化しやすいので
使う際は十分注意しましょう。

不安な場合は、アルガンオイルを小分けのボトルに分けておくと安心ですよ。
使う分をその都度出せば、混入は防げます。

もしくは、ポンプ式などの混入しづらいボトルのものを選びましょう。

アルガンオイルはちゃんと使って長持ち!

以上、アルガンオイルの使用期限と長持ちさせる保管方法を見ていきました。
せっかく使うならば、オイルもいい状態で使っていきたいですね〜!

クーポン発行で更に500円割引の裏技も♪ 人気の直輸入アルガン↓