アルガンオイルで肌が荒れた?!肌に合わない時の対処法!

アルガンオイルは、多くの芸能人なども愛用している美容グッズで、
評判も高く、期待して購入される方も多いのではないでしょうか。

でも、アルガンオイルを使った結果「肌が荒れてしまった!」というあなた、
ぜひこの記事を読んでみてください。

この記事では

・アルガンオイルが肌に合っていないのか、を判断する基準
・万が一スキンケアに使えなかった場合の、アルガンオイルの他の使い道

アルガンオイルが合わない肌って?

アルガンオイルを使い始めて、肌に合わないと感じる方には
下記の2種類の方が多いようです。

アルガンオイルに肌が慣れていない方

色々な評判を聞いて、これまで美容オイルをスキンケアに使っていなかった方が
新しくアルガンオイルを導入してみたケースですね。

この場合、スキンケア用品が変わったことにより
一時的に肌の状態が悪化することが想定されます。

なぜ、一時的に肌の状態が変化するかというと、
普段使っているスキンケアと異なる成分が入ってきたことにより、
肌の代謝や皮脂分泌のバランスが変化してしまうのです。

これは、肌が変化に反応している状態であり、
逆にいうと、アルガンオイルに慣れると自然と治っていく症状です。

少し心配になるかもしれませんが、
肌が傷ついた!悪化した!ということでは必ずしもないんですね。

肌が慣れていない方は、使用頻度を2-3日に一度にしてから、徐々に頻度をあがていくことをお勧めします。

肌との相性が本当に悪い人

上記のように、肌がまだ普段と違うスキンケアに慣れていない、という例もありますが
人によっては本当に肌にアルガンオイルが合わない人というのもいるらしいです。

けど、使い始めてすぐだと、どのようにして、「肌が慣れていないだけなのか」、はたまた「肌が本当に合わないのか」判断するのか難しいですよね。

その判断には、こちらの3つのポイントみていきましょう!

  1. 使った部分に赤みが出ている方
  2. 肌に痒みを感じる方
  3. 湿疹のようなぶつぶつができてしまった方

 

肌に合わない場合、このような症状が出ることが多く、もし使用中に痛みなどが伴った場合は、使用を一度やめたほうが良さそうです。

赤みに関しては、もともと乾燥している肌に化粧水などを導入して、ちょっと赤くなる現象などに近ければ心配はいりませんが、目に見えて赤くなってしまった場合は必ず使用はやめるようにしてください。

まアトピー体質の方、肌の抵抗力の弱い方は、反応が顕著に出やすいので、使い始めは顔などではなく、手のひらや体などでテストしてからが安心でしょう。

肌に合わない人へ。アルガンオイルの違う使い道

肌質に本当に合わない人の場合、せっかくのアルガンオイルが無駄になってしまっては嫌ですよね。
でも大丈夫。アルガンオイルはかなり使い道が幅広い美容オイルで、
スキンケア以外にも使い道はたくさんあります!

オススメはヘアケア

アルガンオイルは、髪の毛のケアにも有効で
お風呂上がりに濡れた髪にさっと塗るだけで、サラサラの髪を作ってくれます。
もし塗った後にホットタオルで、髪の毛を温めるとなおさら効果はてきめん!

肌の保湿効果と同様、髪の毛も紫外線や外的刺激から守ってあげる必要があります。

もし他に塗るトリートメントなどを使っている方でも、一度アルガンオイルでヘアケア試してみてください。
驚きのサラサラ髪が手に入るはずです。

アルガンオイルを料理に

アルガンオイルは、実は料理にも使えるってご存知でしたか?
普通のサラダ油よりずっと健康的で、ちょっとサラダに垂らす使い方などもおしゃれでオススメです。

ただし、この使い道には注意が必要です。

必ずアルガンオイル以外の成分が含まれていないか確認してから使うようにしましょう。

アルガンオイル100%なら安心ですが、
他に化学成分などが入っている商品ですと、注意が必要です。

アルガンオイルは多くの人に合うが、合わない人は使うのをちゃんとやめましょう

アルガンオイルの合う合わないかは、実際使ってみないとわかりません。
オイリー肌の人や肌の弱い人でも、アルガンオイルが合う人はたくさんいます。
逆に、普段は肌が強いほうだけど、アルガンオイルは合わないかも?という方もいらっしゃると思います。

ただ、成分は人の皮脂と同じ成分でできているため、
人の肌に合いやすい成分であることは確かです。

合わない人を除けば、アルガンオイルは多くの人のスキンケアの強い味方なので、
ぜひ一度試して見ることをオススメします♪

クーポン発行で更に500円割引の裏技も♪ 人気の直輸入アルガン↓